観音様について

私たちが、観音様というのは、

観音菩薩(かんのんぼさつ、繁体字:觀音菩薩、梵: Avalokiteśvara Bodhisattva, アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)は、仏教の菩薩の一尊です。

 

「観世音菩薩」(かんぜおんぼさつ)または「観自在菩薩」(かんじざいぼさつ)ともいわれます。
「救世菩薩」(くせぼさつ・ぐせぼさつ)など多数の別名がありますが、一般的には「観音さま」とも呼ばれて、信仰の対象になっています。

北伝仏教、特に日本や中国において古代より広く信仰を集めている尊格です。

 

起源

「観音菩薩」という名称の由来は、サンスクリット(梵語)のアヴァローキテーシュヴァラの意訳から生じたとする説が有力です。

しかし、エローラ石窟群、サルナートなどインドの仏教遺跡においても観音菩薩像と思しき仏像が発掘されていることから、その起源は中国への仏教伝来よりも古いものとも考えられ、ゾロアスター教においてアフラ・マズダーの娘とされる女神アナーヒターやスプンタ・アールマティとの関連が指摘されています。

 

名称の由来

梵名のアヴァローキテーシュヴァラとは、ava(遍く)+lokita(見る、見た)+īśvara(自在者)という語の合成語との説が現在では優勢です。

鳩摩羅什の旧訳では観世音菩薩と言い、当時の中国大陸での呼称も、観世音菩薩であったようです。
なお、現在発見されている写本に記された名前としては、avalokitasvaraがもっとも古形であります。。観音菩薩というのは、一般的には観世音菩薩の略号と解釈されています。

玄奘三蔵以降の新訳では観自在菩薩と訳しており、玄奘は「古く光世音、観世音、観世音自在などと漢訳しているのは、全てあやまりである」といっています。

「観自在」とは、智慧をもって観照することにより自在の妙果を得たるを意味する。また衆生に総てを畏れざる無畏心を施す意で施無畏者、世を救済するので救世大士ともいいます。

 

信仰・位置づけ

『観音経』などに基づいて広く信仰・礼拝の対象となっています。
また、『般若心経』の冒頭に登場する菩薩でもあり、般若の智慧の象徴ともなっていることは、ご存じの方も多いでしょう。

浄土教では『観無量寿経』の説くところにより阿弥陀如来の脇侍として勢至菩薩と共に、観音菩薩が安置されることも多いです。仏像や、絵画などで、多くこの構図が使われています。
観音菩薩は大慈大悲を本誓とします。

中国では六朝時代から霊験記(『観世音応験記』)が遺され、日本での信仰の古く、飛鳥時代から造像例があり、現世利益と結びつけられて、時代・地域を問わず広く信仰されています。地域の観音霊場札所は多数あります。

観音の在す住処・浄土は、ポータラカ(Potaraka、補陀落)といい、『華厳経』には、南インドの摩頼矩咤国の補怛落迦であると説かれています。

偽経『観世音菩薩往生浄土本縁経』によると、過去世において長邦(ちょうな)というバラモンの子・早離(そうり)であったとされ、彼には速離(そくり)という兄弟がおり、のちの勢至菩薩だといいます。早離と速離は騙されて無人島に捨てられ、餓死したが、早離は餓死する寸前に「生まれ変わったら自分たちのように苦しんでいる人たちを救いたい」と誓願を立てたため、観音菩薩になったという話です。なお、父の長邦は未来に釈迦として生まれ変わったと言われています。

スポンサードリンク

多摩川観音霊場の札所

日記

お寺の方へお願い

札所巡りの辞典

その他の情報

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所『ブライダルラウンジ九段下』婚活ブログ銀座まるかん特約店斎藤一人・名言斎藤一人さん、大好き!彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 地域みっちゃく型サークル「多摩川三十四ケ所観音霊場へ行こう会」 All Rights Reserved.
FX用語