五色(ごしき)の意味とは?

スポンサードリンク

五色(ごしき)の意味

 

如来の毛髪の色で、心乱れず穏やかな状態で力強く生き抜く、

定根(じょうこん)、禅定(ぜんじょう)を表す。

 

如来の身体の色で、豊かな姿で確固としたゆるぎない性質、金剛(こんごう)を表す。

 

如来の血液の色で、大いなる慈悲の心で人々を救済することが止まることのない、

精進(しょうじん)を表す。

 

如来の仏歯の色で、清らかな心で諸々の悪行や煩悩の苦しみを清める、清浄(しょうじょう)を表す。

 

如来の袈裟の色で、あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らぬ、忍辱(にんにく)を表す。

 

※日本で旧来から用いられている五色は、青が緑、樺が紫であります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

多摩川観音霊場の札所

日記

お寺の方へお願い

札所巡りの辞典

その他の情報

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所『ブライダルラウンジ九段下』婚活ブログ銀座まるかん特約店斎藤一人・名言斎藤一人さん、大好き!彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 地域みっちゃく型サークル「多摩川三十四ケ所観音霊場へ行こう会」 All Rights Reserved.
FX用語