参拝のお作法のつづき

スポンサードリンク

境内の中に入ると結界が敷いてあるので、山門に入るときは、
気持ちを静めて入ります。

水屋で口をすずぎ、手を洗うのは、身を清める禊(みそぎ)と同じ働きです。

鐘楼で鐘をついても良い場合は、願いを込めてつきましょう。

本堂と観音堂が別の建物の場合もありますので、どちらもお詣り
しましょう。

御開帳時には、五色の布で作られた善の綱が観世音菩薩様に
つながっていますので、
この綱を持って、観音様にお詣りしましょう。

観音様は、その名前の通り、音を観るという菩薩様です。

お詣りの際には、お願いごとを、言葉で唱えてお詣りしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

多摩川観音霊場の札所

日記

お寺の方へお願い

札所巡りの辞典

その他の情報

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所『ブライダルラウンジ九段下』婚活ブログ銀座まるかん特約店斎藤一人・名言斎藤一人さん、大好き!彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 地域みっちゃく型サークル「多摩川三十四ケ所観音霊場へ行こう会」 All Rights Reserved.
FX用語