多摩川観音霊場第十番札所・清鏡寺(せいきょうじ)

スポンサードリンク

多摩川観音霊場第十番札所・清鏡寺(せいきょうじ)

<アクセス>
192-0352 八王子市大塚378
電話 042-676-8801
交通のご案内 京王線 聖蹟桜ヶ丘駅、京王相模原線 京王多摩センター駅、小田急多摩線 小田急多摩センター駅よりバス15分 「帝京大学前」下車徒歩5分
多摩都市モノレール 大塚帝京大学前駅より徒歩10分
駐車場 あり ただし途中、道が狭いので大型不可
参詣者用のトイレ あり
参詣者の昼食等の客殿使用可能
ご朱印受付場所 本堂右側の小玄関のインターホンで呼び出し

05清鏡寺1011

↑ 清鏡寺の入口。車で坂を登ったところに駐車場がある

05清鏡寺1012

↑ 清鏡寺の入口・車で行く場合

05清鏡寺1010

↑ 清鏡寺の入口。入口が二つあるので、帝京大学に向かって、車の場合は、手前の清鏡寺の看板を右折。参道を歩く場合は、御手観音の看板のところから参詣する。

05清鏡寺1001

↑ 清鏡寺の参道・歩きの場合

05清鏡寺1002

↑ 清鏡寺の観音堂

05清鏡寺1004

↑ 観音堂は自由に入ることができる。

05清鏡寺1005

↑ 観音堂の観世音菩薩様

05清鏡寺1007

↑ 観音堂の前には、観音様の石像も

07清鏡寺12

↑ 多摩川観音霊場第十番札所・清鏡寺(せいきょうじ)のご朱印

御詠歌
よもすがら まよへるこころ おてひき
きよきかがみを てらすおほつか

 


大きな地図で見る

宗派  曹洞宗
開基 藤原阿尊
観音像 千手観世音菩薩(本尊)、十一面観世音菩薩(東京都指定文化財)
由来 「藤原阿尊、関東巡礼の折り、当地ににて夢枕に立たれた観音様のおつげにより、観音像一体を奉納す。」とあり、約八百年の歴史があります。
明治の不慮の火災により、堂宇を焼失しましたが、同14年、再建され現在に至っております。
千手観世音菩薩と、その右に東京都指定文化財の十一面観世音菩薩
が安置されています。

行事 1月1日~3日 三朝祈祷
1月16日 初観音大祭    10月16日夜 御籠
毎月16日 縁日

スポンサードリンク

スポンサードリンク

多摩川観音霊場の札所

日記

お寺の方へお願い

札所巡りの辞典

その他の情報

カテゴリ

このサイトを検索

お気に入りリンク

東京の結婚相談所『ブライダルラウンジ九段下』婚活ブログ銀座まるかん特約店斎藤一人・名言斎藤一人さん、大好き!彩塾 体験談
Copyright(c) 2014 地域みっちゃく型サークル「多摩川三十四ケ所観音霊場へ行こう会」 All Rights Reserved.
FX用語